【イルミナ】 がんにおける融合検出は、なぜ重要なのか?解説ウェビナー公開中

(2019.09.09)
これまでに、33種類のがんで20,000以上の遺伝子融合が発見されており、発がん性融合が多くのがんと関連していることが分かっています。このうち、約35%がキナーゼ融合ですが、融合パートナーが判明しているのはわずか50%です。

既知、未知いずれの融合も治療研究において重要であるため、パートナーに依存せず、遺伝子融合を包括的に検出できることが重要ですが、RNAベースのハイブリッドキャプチャー法を用いれば、パートナーに関わらず、融合を検出することができます。

がんにおける融合検出がなぜ重要なのか、RNAハイブリッドキャプチャーが融合検出に最適な理由などをまとめた特集ページが完成しました。
特集ページには、これらをわかりやすく解説したウェビナーもご用意していますので、ぜひ、ご覧ください。

----------------------------------------------------------------

【お問い合わせ先】
イルミナ株式会社 マーケティング本部
TEL: 03-4578-2800
Email: contactJPN@illumina.com
URL: http://jp.illumina.com

>>詳細はこちら